ライバルの少ない場所探しはキーワードが全て

やっぱアフィリエイトやってると一番稼げるのは商品名とかだってことにある日気づくんだよね。

ジャンルによってはジャンル名で稼ぐものもあるんだけど、基本的には商品名(広告名)なんだよね。

そこでまた気づくことが、上位見てるとアフィリエイターばっかじゃねえかよ!ってこと。

そりゃアフィリ広告があって、売れるって分かる案件だったら餌に群がる蟻のようにアフィリエイターが集中するのは当然の事なんだ。

餌があったら蟻だらけになってるのが俺のイメージなんだけど、そりゃ一番いい部分を食えるのは上位にいる蟻だけ。

そこに参入して餌を横取りしようとすると、力づくで入って行かなきゃいけなくなっちゃう。

最近よくユーチューブで見ている「龍が如く0」に出てくる「カラの一坪」みたいな場所ですね。

俺自身は今はゲームは殆どやってないけど、ストーリーを見ているだけで楽しいので見てます(笑)。

アフィリで言うと、SEOで上げれる人は力技でねじ込めるんだけど、そうじゃない人達がどうやってソコ入っていくの?て事を考えなきゃいけないよね。

そこで切り口を少し変える必要があったりするのね。餌は餌でも蟻がまだ群がっていない餌を見つけると一番美味しい部分にかぶりつけちゃう。

じゃあ、アフィリエイターはどうすればいいのよ?って声が聞こえてきそうだけど、こんな時こそ「キーワード選定」なんですよ!

SEO強い人ってのは基本的には商品名とか広告名でそのまま上げちゃうからね。だから凄く稼いでいる分け。

だって、広告名を知っている人を集客しているんだから上位に来たら売れるって分かってるからね。

でもそんな場所に行くとSEO勝負になって、ある意味潰し合いみたいな状態にもなっちゃったりするから厳しかったりする。

特に悪いリンクを使いこなしている人達相手だと正面から攻めてもまず勝ち目は無いに等しい。

そこでキーワード選定において、複合ワードを組み合わせて上位表示させるといいんだよね。

複合キーワードで上位に上げると、選んだ複合キーワードによってはライバルが極端に少なかったりするから。

だけど、中には全く検索されない複合キーワードで上位に上げても意味はないから注意しなきゃいけないとこではあるんだけど。

だからこそのキーワード選定の力を初心者の頃からしっかりと学ぶべきなんだよね。競合の少ないトコを見つけると意外と楽に上がったりするから。

そんな攻め方を続けていくと、ある日突然本命のビッグキーワードで上位に来てたりする事もあるんだよね。

そういった事もあるから、キーワード選定で最初からビッグキーワードを狙わずに、複合を組み合わせて狙った方が楽だよね。

でもそこでキーワード選定がちゃんと分かってないと、複合キーワードも拾ってこれなかったりするんだよね。

そんなキーワード選定のオススメできるのがこのキーワードストライクなんだけど、結構初心者には評判いいみたいです。

でもSEO強者たちは最初からビッグキーワードで狙っちゃうからね。でもそんなトコに最初から行く必要はないよね。

まずは初心者の人達は月1万円を稼ぐ事から考えて、そして10万円、30万円、50万円と積み上げていく段階を踏んでいくといいよね。

キーワード選定ってのは身に付けておくと一生役位に立つから何も損する事は無いよね。

今狙っているジャンルが幾つかあって、実はライバルサイトが1~2個しかないキーワードとかも見つけてるのよ。

というわけで悪いリンク使って根こそぎ持って行ってやろうかな(笑)。

関連記事

  1. マネーの虎から学んだ経営者の考え方と覚悟

  2. 新興宗教の教祖様になって信者からアホみたいに金を巻き上げてカルト教団に指定される方法

  3. 折れない心と信念が大事だと学ばせてくれる人達と人生の敗者たちの憂さ晴らし

  4. A8フェスティバル2016大阪に行ってきたぞ~潜入体験レポート~

  5. 初心者やペナで報酬が0になった際に早く立て直すためには何やればいい?

  6. 手動ペナルティを受けたから解除する事にしたぞ

error: Content is protected !!