下衆い女性週刊誌がネタの宝庫だった件

俺さ、昔から女性週刊誌ってものすごい下衆なものだと思ってたわけなのよ。

でもそれがある事をキッカケに視点が変わったんだけど、それは近所の中華料理屋でのことだったのね。

チャーハンと焼きビーフンを頼んで待っている時に暇つぶしに雑誌を読もうと思って本棚を眺めていたら女性週刊誌が目に入った。

それまでの俺ならこういった芸能人のプライベートを盗撮してあることない事記事にしている週刊誌は下衆の象徴だと思ってたわけです。

しかもそんな週刊誌を楽しそうに読んでいる中年女性に対しても嫌悪感の対象でしかなかったんだよね。

だけど、何故か何となく下衆を知ってみようと思って手に取って読んでみる事にすると新しい発見があった。

それは何と中年女性向けの広告がたくさんあったから、今の人気商品とか定番商品が分かったんだよね。

しかも女性が興味を持っている広告がかなりたくさん載っていたので、サイトネタのリサーチには最適だと感じた。

まさかこんな下衆な週刊誌がアフィリネタの宝庫だとは思いもしなかったですよ。

そこから俺の中で女性週刊誌は下衆の象徴ではなく、ネタの宝庫という素晴らしいモノに変わったんだよね。

物販って言えばメインターゲットは女性が多いでしょ?そんな女性達が気になっている情報が山の様に見つかる。

芸能人の記事とか正直どうでもいいんだけどさ。特にジャニタレとかの記事が一番どうでもよい(笑)。

それ以外では健康や美容について結構ネタが詰まっているから面白い。専門書読むより面白そうだけどね。

やはり下衆だと思っていたものでも、実際に中身を知ってみるという事で新しい発見があったりするわけですよ。

今までの自分の常識外の事に1歩踏み出してみると、結構今まで知らなかったものが見えてきて面白いね。

結局、自分の中の常識なんてのは自分が基準なだけで、自分以外の人にとっての基準にはならないって事です。

そういった面白い発見もあるので、自宅に引きこもって作業ばかりではなく外に出る事も情報収集になるって事ですね。

中年女性とかは美容や健康にもの凄く金出しそうだから、そういったターゲット層に響くサイトを作れば稼げそうだね。

若い女性とは求めているものが違いそうな気はするけどね。どっちも攻めれるようになると楽しそうだけど。

というわけでそんな感じで今まで避けていたものに触れてみるのもいいかと。

関連記事

  1. 意外なキーワードが見つかるのか?

  2. ASPの広告は一通り見てみる

  3. ネタ切れしたら本屋へGO

  4. クソ記事入れたサイトがクソにしかならない理由と外注募集のお知らせ

  5. 先月で学んだ大きな失敗

  6. アフィリエイトはフリーシナリオRPGのロマンシングサガみたいな物ですよ

error: Content is protected !!