キーワードは商標名かジャンル名か?|ミュゼの破綻で思う事

今朝から早速衝撃的なニュースに目を疑った。

それは脱毛案件で有名なミュゼが破綻したという内容。

だいたい3月~7月にかけて脱毛は売れてるんだったっけ?

俺も今年は10サイトくらい作ったけど、全くアクセス来ないのでバックリンクサイトにする(笑)。

そんでミュゼの破たんを受けて思う事。

それはミュゼの商標名でサイトを作っていたら、ミュゼの広告がなくなった場合はおしまいって事。

商標名だから、その広告名で集客するわけで広告無くなったら基本的にはバイバイしなきゃならず、バックリンクとして生きていく道をたどるのかな。

そこで上手く他社の広告を貼って誘導するって手法もあるって聞いたけど、成約率はガタ落ちだとも聞いた。

こんなときに、たとえば「脱毛」ってキーワードで攻めていると、脱毛全般についてのサイトだから、広告を貼りかえるだけで済むよね。

しかも脱毛ってワードだから、他の脱毛の広告もランキング形式で貼っていく事も出来るしリカバリーが非常に簡単。

ただ、商標名キーワードで攻めるのが上位に行った際に成約しやすいよね。だって知っている人が検索してくるわけだから。

脱毛そのものだと脱毛に興味があるとか、知りたいとか情報を求めてくる人もいたりするし、色んな目的のユーザーが来るかと。

ただ、上位に上がった際の報酬額は商標以上にはなると思うけど難易度は凄いと感じるよね。

でも商標名で攻めるのがやっぱり楽っちゃ楽だよね。俺も最近商標名で作ったサイトが1週間で9位まで来たから。

ある程度の金額までは商標名で充分だと先輩から教わったし、300万くらいまでは商標名で稼げるそうだ。

なのでまずは商標名で攻めまくって報酬を上げつつ大きな、ジャンルワードで攻めて行こうとも思うけど。

それかジャンル名と商標を組み合わせて両方で上位に行けば凄い事になりそうだけどね。

というわけで、今日も懲りずにSEOを繰り返していきます。SEOってアレコレ試していくのが楽しかったりするんだけどね(笑)。

はい、まだまだ世の中SEOではリンクが大きな要素を占めてますから。

グーグル信者が言ってる事なんか真に受けちゃいけないですよ~。

関連記事

  1. 折れない心と信念が大事だと学ばせてくれる人達と人生の敗者たちの憂さ晴らし

  2. アフィリで稼げない人の特徴をまとめてみた

  3. 作業中のBGMって何がオススメ?

  4. 客が逃げる理由を自ら作るアホな営業マン

  5. キーワードによってSEO難易度が違うのは当然

  6. パッキャオVSメイウェザーとSEO

error: Content is protected !!