【週刊俺様・第4号】パワーの枯れた中古ドメインの更新は無駄金マインドセット

目安時間:約 9分

はい、こんにちは。ノッピーです。

今週は中古ドメインを利用した新サービスの準備を行ってたです。

実際に使用するドメインの選定なんだけど、これがまた手間かかるのね。

サービス専用で使用するドメインとサーバーの選別やってる中でahrefsで数値のチェックもやるんですよ。

数値が高ければいいんだけど、どうしようもなく低いのが出て来るケースもあるわけでして。

そこで出てきたパワーの枯れたドメインは再利用できないので捨てるしかないのよ。

中古ドメインはメインサイトにリンクパワーを送る為に使っているんだけど、ドメインによって個々の所有パワーは全く違ってくるのね。

ものすごいパワーを持っていて数年にわたって長期の使用に耐えられる物もあれば、1年で枯れ果ててしまう物も出てくるのよ。

そこでパワーの枯れたドメインを全て捨てる事にしたんだけど、想像以上に数が多かったね。

今週だけで600個のドメインをチェックしたんだけど、生き残ったドメインは40個程度しかなかったわけ。

こういった生き残ったドメインは、まだまだパワーが残っているので新サービスの使用や自分のサテライトに使ったりするんだけど。

たまにいるんだけど、パワーの枯れたドメインを更新しようとする人いるんだけど、何か意味があるのかね?

枯れたドメインがパワーを全く持ってないってのは誰もが分かるよね。

例えば、.comだったとして取得時はバリュードメインのセール価格で580円で取りました。

でも1年後の更新の時は1350円もするの。取得時の倍の価格になってて、数十~数百個単位になると金額は膨らんでいく。

更新する意味のないドメインを更新して無駄な経費が飛んでいき、さらにリンク効果もほとんど感じられない。

こういった無駄をどれだけ無くしていくか?の管理は欠かせないわけです。

使い道のないドメインに対して更新してお金払うくらいなら、自分や家族の為に使う方が有効な金の使い方でしょう。

更新費用の1350円で牛丼の特盛に豚汁セット付けてもお釣りが出るんだよね。

役に立たないドメイン更新するのに金使うなら、1食でも美味い飯?食う方が活きた金の使い方と俺は思うですよ。

でもそういった枯れたドメインを更新する人は後を絶たないわけですよ。

その理由は簡単で、

~~~~~~~~~~~

捨てるドメインの基準が分からないから

~~~~~~~~~~~

ただこれだけの話なんですよ。

世の中の物事全てに共通しているんだけど、知っているか?いないか?で大きく変わるのよ。

アフィリエイトの稼ぎ方を知ったいる人は稼げる、でも知らない人は稼げない。

これだけの事なんですよ。これだけのことで今後の無駄をなくしていく事ができるわけ。

で、俺は毎月大量のドメインを捨てては新しく取得してんだけどね。

ここで疑問が出てくるでしょう。

「捨てたドメインから送ったリンクもなくなるけど、どうするの?」

はい、答えは簡単やね。

「新しく取得した中古ドメインからリンク入れるだけ。」

これだけの話であって、何も難しくないのよ。

そもそも昔入れたリンクだけで、最近はリンク入っていないというのが不自然なのよ。

だからこそパワーの落ちたリンクを外し、新しくパワーを持ったリンクを入れていく。

分かりやすく例えるなら、「風呂の水」が一番説明しやすいかな。

風呂を沸かして家族が順に入っていく。何人も使っていると徐々に水が濁って来る。

そこで翌日も同じ水を使わずに、浴槽から水を抜いて浴槽を掃除して新しい水を入れて使う。

※俺は翌日も同じ水を風呂で使う気が無いので、使用した水は洗濯で再利用して無駄なく使ってるけどね。

これで毎日綺麗な水の風呂に入る事ができるわけ。

リンクの入れ替えもこのイメージをすればいいかと。

とすると古いリンクが全部だめなのか?と思ってしまうけどそうじゃない。

~~~~~~~~~~~

リンクパワーの残っている物は残し、パワーが枯れた物は外して捨てる。

~~~~~~~~~~~

この繰り返しによってメインサイトに新鮮なリンクパワーを送り続けていく事ができるのね。

だからこそパワーの枯れたドメインは捨てて、新しいリンクを入れていくというサイクルを作る必要があるのよ。

サイトが何故か上がって行かない場合に考えられる理由の1つがドメインのパワー不足。

それは枯れたドメインのサテライトからリンク入れてるから、効くわけがない。

ここで新しいパワーのあるリンクを入れていくと、反応が起きて順位が上がり始めていく事もある。

ただね、いくらパワーのあるリンクを入れたところで、サイト内でマイナス評価入ってるとリンク効果が出なくなっちゃうから注意してくれよ。

たまにリンク送っても順位が上がらないって人のサイト見せてもらう事あるんだけど、大抵の場合がサイト内に原因があるのよね。

どこかのサイトのリライトと言う名の焼き増し⇒何も目新しい内容が無い。

検索ユーザーに対する答えが全くない⇒根本的にユーザーの気持ちが分かっていない。

こういったサイトを作るとどうなるか?

ユーザーに即離脱され、読んでも貰えないしサイト内巡回もされない、と。

サイトを訪問したユーザーが即バイバイし、グーグルからも評価されないし、そんなサイトが上がると思うかな。

結局ユーザー側からしてみたら何の価値も提供していないサイトなんだよね。

他のサイトに同じような事ばかり書いてて、知りたい情報(答え)が無い時ってイライラしない?

そういったサイトで物が売れるか?って聞かれたら、答えるまでもない。

こういった部分をサイト内できちんと作っておかないとリンクは効かないわけです。

2年前だとリンク入れただけで効いたからね。翌日にいきなり順位が上がる事もよくあったし。

でも今はサイト内コンテンツが正しく作られてないとリンクが効かないケースがほとんどなのよ。

リンクを送る事も大事だが、サイト内コンテンツの設計と見直しは必須。

さっきのドメインのパワー不足だけど、最初からパワーの無いカスを掴んだ可能性も考えられる。

俺自身で幾つかのドメイン販売業者のリストを精査してみたんだけど、面白い事がおきたのね。

ある2つのサービスにおいては、どれ1つとして俺が取得する基準を満たしていなかった。

これ見た時に呆れて「よくこんなドメイン売って客から金貰えるな」と思ったわけ。

この2つのサービスに共通してたのが、ドメインの表の数値しか見てなかったて事だね。

表向きの数値が良くても、裏の数値を見ると本当のドメインパワーの評価が分かるからね。

それでも中古ドメインは使ってみないと分からない部分があるので、数値の客観的評価でしか判断できないのよ。

片方の業者は有名?アフィリエイターの推薦もあるので登録者も多いから月100万以上は荒稼ぎしてるだろうね。

もう片方は何がしたいのかよく分からない業者。

両方に共通してるのは販売してるドメインは俺の基準では1つもクリアしていないって事。

俺は取得するまでに4回のフィルタを通すけど、両方とも1つ目のフィルタで9割クリアできてないからね。

で、2つ目のフィルタで全滅。こんなドメインを取得しても金の無駄にしかならんですよ。

でも多くの人はそういった基準も知る事なく、パワーの無いドメインを掴んでいってるのよ。

俺ならそういったドメイン販売するのは良心が痛んでできないけどね。

「支払った金額以上の価値を提供できないドメイン販売業者はクソだ」と言っておこう。

うん、これずっと言いたかったのよ。あ~スッキリした。

今日はこの辺で締めとこうかな。

メルマガ登録は以下より
http://noppymailmagazine.xyz/

俺の中古ドメイン購入はこちら

運営者情報

ブログ運営者

人間パワースポット?:ノッピー
俺のプロフィール

俺のつぶやき
アフィリエイター向けサービス
カテゴリー
アーカイブ
 
error: Content is protected !!