スマートフォンアフィリエイト塾2期・2014年4月1日の日記

目を見ればわかる

特に書きたい事は今日は無いんだが、ちょっとした独り言を言おう。

人が本音を言ってるかどうかの見分け方について。

人が本音を語る時って、誰かに何かを聞かれたら大体1秒以内に返答する。

2秒以上答えが返ってこない時は、たいてい何かを考えてから物を言ってる。

それは当たり障りのない事を言おうと言葉を選んでいたり、自分に都合の悪い事は一切言わないように必死に考えていたりする。

そして表情を観察するといい。

視線を逸らしたり、目が泳いでいたり、死んだ魚みたいな目をしていると、本音は言っていないと判断していい。

これは去年から色んな経営者の方や自称起業家とかと会ったりして自分で感じた事でもある。

また、自分の言葉で表現せずにありきたりなテンプレートのような受け答えをする奴は要注意だ。

こういう場合は人の話は聞き出すけど、自分の事は一切話さないタイプが多い。

俺からしてみれば一番嫌いなタイプでもある。簡単に言えば冷めてるとかスカしてる奴が嫌いなんだよね。

自分の意志のハッキリしている経営者の人達はハッキリと物事を言う。そうじゃないとこんな時代で経営者としては生き残ってはいけんやろ。

中には自分を大きく・カッコ良く見せようとして見栄を張る奴もいるが、本当にしょうもない。

そういう事をやっているのが一番カッコ悪いと言う事に気付いていない奴もいた。

やっぱ人を見るときは目を見ればいい。

目に力の無い奴ってのは、やっぱ何かある奴だなと見ていて思う。

7桁稼いでいる人でも目に力のある人と、目がいつも泳いでいる人もいた。

稼いでいようがいまいが、自分の意思をしっかりと持って、仲間を大事にする人達とだけ付き合って行こうと思った今日この頃。

フェイスブックで仲間が大事ですとか言ってるエセ起業家たちのやってる事見てると本当に滑稽に見えますね(笑)。

アナタたちが大事なのは仲間じゃなくて、仲間みたいな人たちが運んでくるお金ですよね?って感じ。

金の切れ目が縁の切れ目というのが理念でしょう。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP
error: Content is protected !!