スマートフォンアフィリエイト塾2期・2013年9月4日の日記

  1. スマートフォンアフィリエイト塾2期
  2. 0 view

日が変わったので、昨日の事になりますが、アンドロイドのスマホを購入してきました。

これも理由は簡単で、アイフォンとアンドロイドの両方のOSでサイトを見たかったからです。

ソフトバンクの、富士通のアローズ・202Fって機種ですね。

EXILEがCMやってた機種になります。

画面が5インチで、アイフォンよりも圧倒的にデカいのですが、実は画質はアイフォンのが良かったりします。

何でアンドロイドを欲しかったかと言うと、デジコンでパチスロとか占いとか、デコメのアプリがアンドロイド対応ばっかだからなんですよね。

グーグルクロームの仮想ブラウザやサファリでもアンドロイドは見れるんですが、どうしても実機で見たいという気持ちが抑えられませんでした。

そして、自分の作ったサイトが、アイフォンとアンドロイドで、どう違って見えるのかも確認したかったんですね。

そこで2つのOSを比較してみて、色んな発見がありました。

それは、また次回書いていきます。

スマホサイト作成に欠かせない情報なので、知らない人向けにもシェアしようと思います。

アイフォンとアンドロイドのスマホにおいて、今現在分かっている違いをシェアします。

とりあえずこの2つがすぐに分かりました。

・サファリとアンドロイドで検索順位が全く違う。

・アンドロイドは機種によって画面の大きさが違うので、サイトの1行の文字数に注意。

まず、サファリとアンドロイドで検索順位が全く違う事について。

自分の上位表示されているサイトを検索すると、検索順位が全く違っていました。

アイフォンでは3位、アンドロイドでは5位になっており、また検索ヒットしたサイトの上位陣のサイトが全く違っていました。

しかも、PCでグーグルクロームを使って検索するとまた違った結果になっていました。

俺のサイトは3つのすべてにおいて上位5位には入っていましたが、かなりサイトの顔ぶれが違っていました。

これについてはグーグルの気分しだいなのでどうにもならないけど、ユーザーに有益なサイトを作っていれば気にする必要はないですね。

次に、アイフォンの画面・アンドロイドは機種によって画面の大きさが違う件ですが、ここがかなり重要です。

アンドロイドは機種によって画面のインチ数が違います。

当然サイトの見方も違ってきます。

アイフォンは1つだけなので画面サイズを気にする必要はないです。

所有するスマホが大画面なら気をつけなければならないのは1行あたりの文字数です。

たまにアイフォンでサイトを見ると、テキスト広告が崩れまくって強制改行になっているサイトを見たりします。

これはどういうことかと言うと、おそらくサイト作成者はアンドロイドのスマホ所有者で、アイフォンで自分のサイトを見ていないという事です。

ハッキリ言うと、見た目が悪いんですよね。

見づらいし、デザインが崩れてユーザーに良い印象をもたれない、というのが俺が感じた事です。

では、どうすればよいのか?

簡単です。アイフォンに合わせたサイトを作ればいいだけです。

1行あたりの文字数をアイフォンの画面サイズに合わせて作ればいいだけの話なんですね。

ここから、かなり重要な事を書きます。

アイフォン5の画面サイズに綺麗に収まる1行あたりの文字数は、全角21文字まで。

もう一回言います、全角21文字までなら強制改行されずに横一列に綺麗に表示されます。

なので、アンドロイドのスマホ所有者の方でも、サイト作成時のテキスト広告をイジったりするときは、それに合わせれば綺麗に広告が表示されます。

普通の文章でも、1行で綺麗に表示したいときは21文字いないならOKです。

とまあこんな感じなんですが、すでに知ってる人いたら、まあたいした情報でもないのかな~、と。

初めて知った方は、サイト作成時に役立ててみてください。

関連記事

error: Content is protected !!