スマートフォンアフィリエイト塾2期・2013年11月4日の日記

害鳥アップデート後に、いろいろ考えてみた。

これまでに通用していた、既存のSEO手法の一部がペナルティを受けている事実。

そんで俺のサイトの9割が完全に死んだ。

なので、サイトを復活させる作業も毎日行っている。

それと新規サイトも検証を兼ねて作り続けている。

またグーグルの本質を理解していないサイトは上位に上がらない。

不自然な事をやっているサイトも、内容が良くても順位を落とされる。

今回はグーグルは不自然な事をやってるサイトに対してのペナルティを与えているように感じる。

また、ユーザーの為ではなく、検索エンジンの為に作っているようなサイトも然り。

アフィリで稼ぐ事は大事なんだが、スマホの向こうに人がいるってことを全く考えていないアフィリエイターが多いのなんの。

上位をとるためにだけ作ったサイトと、ユーザーに役立つサイトのどっちがグーグルに好まれるサイトなのかを未だに理解していないサイトを数多く見かける。

稼げればなんでもやっていいよって言うのは、情弱騙して稼ぐネオヒルズ族と同じ思考だな。

ユーザーに役立ち、喜んでもらい、また見たいと思わせるサイトを作るのが生き残るサイトかな。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP
error: Content is protected !!