スマートフォンアフィリエイト塾2期・2013年12月29日の日記

  1. スマートフォンアフィリエイト塾2期
  2. 0 view

FC2サイトの削除について考えてみた

被害者の会が立ち上がる?事もないだろうFC2の無料ホームページ。

ネットで調べてると結構消されたという記事を見たりする。

そんで、何で消されるのか考えて仮説を立ててみた。

大きく考えて2つある。

1つ目、IPアドレスがずっと同じだから。

2つ目、サイトの見た目(テンプレートが同じ)

1つ目のIPアドレスに関しては、以前俺がIP偽装を行って失敗した事があるので、これは間違いない。

でも今はIP偽装せずに普通に簡単に習得できる方法があるので問題ない。

2つ目が結構俺の中では危ないと思っている。

FC2の削除条件の中に「類似サイト」という項目がある。コレが意外に厄介なものだ。

俺はいつもライバルサイトをリサーチして、稼いでいそうな上位サイトは結構ブックマークしてるんだが、9割近い確率で同じテンプレートを使用していた。

もしかしたら同一人物か同じテンプレートを使っているモノだという事が推測できるのね。

なので、もしかしたら同じテンプレートでサイトがダブった際に、それを基準にされている可能性も否定できない。

さらに1と2を複合して考えてみる。

毎日同じテンプレートで、同じIPアドレスでサイトをアップして、もしかしたら同一IPで同じテンプレートだと考えると、スクラビングバブルの様に一気に根こそぎ消される可能性も否定できない。

ここまでが最近考えていた仮説なんだけど、もしも削除条件を完全にクリアしていれば消される事は無くなるだろうと思う。

でもここに行きつくのは、毎日サイトを作り続けて更新して上位に行ってアレコレやってる人達だけなんだよね。

だから自分で検証していくしかないわけよね。

正直、今建造中の戦艦が消されると正直ヤバいと思っている。

なので独自ドメインでの空母を建造して艦載機を積めるだけ積んでいく。

まあFC2でサイト消されても復活できるであろう仮説も立てているから、もしもの時は試してみる。

FC2は圧倒的に上位表示が早いからてっとり早く押し上げたい時にいいんだけど、リスクも孕んでいるから問題なんだよね。

第2波の艦隊をFC2で行くか独自ドメインで行くかを現在戦略会議中。

即効性でFC2を取るか、安全性で独自ドメインで行くか。まあ多分リスクヘッジで後者になるだろうけどね。

関連記事

error: Content is protected !!