新規ドメインでよく言われるエイジングフィルターって本当にあるの?

  1. 新規ドメイン
  2. 23 view

かつて新規ドメインで厄介なのがエイジングフィルターと言われていたのよ。

エイジングフィルターってのは新規ドメインでサイトを作ってから、一定期間は検索結果に反映されないってやつね。

なぜか1ヶ月経とうが検索順位が付かず、ずっと圏外のままの状態。

この期間はいくら記事を追加しようが順位が付かず、狙って嫌がらせをしてるのか?と思えるレベルだな。

で、エイジングフィルターってのはグーグルは公式で否定してるんだけど、俺はあると考えてる。

ここからは俺の経験則で解説するから、必ずしも全ての人に当てはまるわけではない事を前提で聞いてくれ。

エイジングフィルターの期間はどんくらいある?

新規ドメインでエイジングフィルターが掛かる期間についてだ。

俺の感覚だと平均して3カ月前後だな。サイトによっては半年ってのもあった。

やっぱ新規ドメインってのはドメインパワーも0だし、グーグルから見て信用がない状態だと考えてみて欲しい。

信用の無いサイトをいきなり上位表示させたいか?と考えた場合、俺なら上位表示させないけどな。

恐らくだがグーグルはサイトの運営期間や、どれくらい記事を入れているのか?(更新頻度)やコンテンツ内容(独自性のある記事)を見てるだろうな。

ただ、これは狙ったキーワードとの関係もあって、新規でペラサイトでもあがるケースがあるから一概には言えないんだよな。

で、その期間内において、ちゃんとサイトを運営してればフィルタを解除して順位が付いていくという感じ。

エイジングフィルタがかからなかったケース

逆にエイジングフィルタの期間が存在しなかったサイトもあるのよ。

このケースで俺が行った事は、新着案件でアフィリエイター皆無のキーワード・新規ドメインはキーワードそのものの日本語ドメイン・サイトの作成後にグーグルにURL通知。

これらを行って即日上位表示したというケースもあるのよね。

だから全ての新規ドメインのサイトに対してエイジングフィルタが掛かるとは思えない。

ただしフィルタがかかるとしばらくの間は順位が付かないから、そのまま設計図通りにサイトを作っていく事にしてるね。

特に単一のビッグキーワード狙いのサイトにフィルタがかかりやすい傾向を感じる。

実際に新規ドメインでビッグキーワードで狙った際も半年くらい順位が付かなかったしね。

その後やっと順位がついて徐々に上がり始めていき、記事追加とリンク追加で1枚目に来たわけ。

だいたい1年くらいの出来事なんだけど、ビッグキーワードを新規ドメインで狙うなら最低1年は報酬出ないと思っといた方がいい。

新規ドメインで掛かるエイジングフィルターは、ビッグキーワード狙いになるとほぼ掛かると俺は感じている。

中古ドメインならエイジングフィルターが既に解除されている状態で、尚且つドメインパワーもあるから上位表示は早いよ。

新規ドメインと中古ドメインのどっちを使うかの基準の1つに、エイジングフィルターを入れておくといい。

一昔前のエイジングフィルター対策

2019年現在では通用しないであろう方法なんだけど、こういった事例もあったよ、て話ね。

2014年ごろまではエイジングフィルター対策で新規ドメインを取得して寝かせておくって方法があったのよ。

寝かせるってのは、サーバーにドメインを設定してURLを反映させた状態のまま半年以上放置する手法ね。

これでエイジングフィルターを解除させた状態でサイトをアップする方法があったのよ。

この当時は半年寝かせておけばエイジングフィルターが解除されるみたいな流れがあったのよ。

今ではこういった方法やってるって話は聞かないけどね。寝かせてる時間が無駄だしな。

エイジングフィルターにかかっていようが、気にせず記事の追加および情報の充実に労力を注いだ方がいい。

解除されてからサイトの評価が入るから。その時に何もしてこなかったサイトと更新を続けていたサイトでは差が出るから。

俺はエイジングフィルターなんぞ気にせずサイト作ってるけどな。

まあ、きちんとサイト運営してれば気にしなくてもいいかと思うぞ。

関連記事

error: Content is protected !!