アフィリエイト初心者が稼ぐために必要なジャンル選定方法は高単価か低単価か?

  1. 稼ぐための思考
  2. 37 view

アフィリエイトで報酬額を左右するのはジャンル選定なのよ。

稼げると言われているジャンルであれば、1成約で3000~5000円がデフォルト(初期)の単価ね。

ここで獲得件数が大きく伸びると特別単価が貰えるようになって、デフォルトで1件3000円が8000円になったりもする。

俺が聞いた中で一番大きいのは、1件の単価デフォルト2500円が特別単価で4万円だな。

このジャンルは金融系だけど、激戦ジャンルでありながらデフォルト単価って凄く低いのよ。

でも件数を重ねて実績を出すと一気に10倍を超える単価が貰えたりするケースもあるわけ。

こういった事例があるからこそジャンル選定は報酬額を左右する。

初心者に承認率の話をしても、今のASPのシステムでは一部以外では承認率って見れないのよ。

実績出してランクを上げないと承認率が分からないという意味不明なシステムがあるからな。

というわけで初心者向けにジャンル選定のコツを解説して行こう。

高単価ジャンルは上級者向けの激戦区

俺の中で高単価ってのは1件3000円以上という認識ね。

1件獲得で3000円取れたとして、特単(特別単価)でだいたい6000~1万円くらいにまで伸びる案件もある。

これで月100件獲得でデフォルトで30万、特単で60万~100万くらいになるわな。

1ジャンルで100万以上稼ぐなら、こういった高単価ジャンルは必須と言える。

月数百万稼いでるアフィリエイターの殆どは高単価の特単を貰って報酬額を伸ばしてる。

ただし、高単価ジャンルは上級者が多く、SEOの猛者が多いので激戦区になってしまう。

激戦区でもキーワード選定次第でライバル少ない状態で戦う事もできるんだけどね。

上位表示するまでにサイトボリュームを大きくしていく必要があるし、相応の情報量も求められる。

だけど1位を取ると1サイトで数百万~1000万以上の報酬が得られる。

高単価ジャンルは激戦区だけど、1位とると大きく稼げるのが特徴。

初心者が高単価を攻める場合、キーワード選定で上手くライバルとの戦いを避ける事が必須になる。

そのキーワード選定ってのは、アフィリエイターが見落としているけど実は悩みが深刻なワードって事ね。

低単価ジャンルは競合が緩くて上位表示しやすい傾向にある

低単価ジャンルは1件3000円以下としてる。

特に1000円前後の単価の案件だと取り組むアフィリエイターは少なくなる傾向にある。

全くいないというわけではなく、単価が低いから見向きもしないアフィリエイターが多いって事ね。

俺としては初心者はこういった低単価ジャンルを狙ってやっていくべきかと思う。

低単価だとライバルの数は高単価ジャンルと比べて極端に減るし、SEOの難易度もハードルが下がる傾向にある。

初心者がいきなり高単価の激戦区で戦うよりも、低単価で尚且つ競合の低い場所を狙うべきかと俺は考えてる。

低単価だからといって特別単価が付かないなんて事は無い。獲得件数が増えると特別単価は必ず付く。

デフォルトで1000円前後の案件が、特別単価で2000~3000円になったりもするわけ。

また、低単価ジャンルは獲得件数が高単価よりも増えやすいから、数の積み重ねで大きく稼げる場合もある。

俺の場合、デフォルト800円が5000円にまで上がったケースもあるからな。今でもこの特別単価でやってるけど。

単価が低いからといって取り組まないのはもったいない。

初心者は競合がそこまで強くないから、報酬を出すまでの時間をショートカットできる可能性が高くなる。

まだ報酬が出ていないのであれば、低単価ジャンルに一度取り組んでみるのも1つの手だ。

上級者があえて低単価を狙う事もある

逆に上級者で低単価のカラクリを知って狙ってくるケースもある。

低単価ジャンルでも1ジャンルで10~30万稼げるサイトを複数持ってると、積み重ねて100万行くしな。

俺も実際に高単価と低単価のジャンルを組み合わせて報酬を積み上げる方法でやってる。

高単価ジャンルは上位表示まで時間がかかるのよ。

ならその報酬出ない期間を低単価ジャンルで攻めると、上位表示までの期間も早くなるからな。

そして月10~30万のサイトをが3つもあればだいたい月50~90万くらいは稼げるから。

ただしジャンルの偏りは避けた方が賢明だな。

去年12月のYMYLアップデートみたいにジャンルごとに一気にサイトが飛ぶリスクもあるわけ。

だからこそジャンルの分散で低単価で違うジャンルを攻めていくのが報酬の総崩れ対策だな。

興味の沸かないジャンルには手を出さない

俺の中のルールで、興味の沸かないジャンルには手を出さないという決め事があるのよ。

やっぱ長くサイトを運営していく中で興味のないジャンルをやるのは苦痛でしかないわけ。

幾ら単価が高かろうが低かろうが、興味の沸かないジャンルは取り組まない。

基本的に人って自分が興味の沸かない物に対して情熱を注げないのよ。

自分の趣味で例えると分かると思うが、関心の沸かない事って知ろうとも思わないじゃない?

でも興味のある事だと時間をかけてでも知識を求めたりするよな。

サイト作成も同じで、興味や関心が沸かないジャンルは無理してやる必要がない。

俺も過去に高単価の報酬だけで取り組んだジャンルあるけど、途中でヤル気なくなってやめちゃったからな。

ハッキリ言って時間の無駄だったね。最初から取り組まなきゃよかったと後悔してるのよ。

だからこそ自分が意欲的に取り込めるジャンルを選んでほしい。

単価も大事だが、自分が情熱を注げるジャンルである事がジャンル選びの大前提だな。

関連記事

新ジャンルでサイト作る流れ

先月末から物販に本格参入するためにジャンルを選定してから広告を決めたんだけど、最初は何も分からない状態。そこでまずは広告名でライバルサイトチェック。どんなサイトが…

  • 3 view

マインドセットって胡散臭くね?

のっけからいきなり全開でいっちゃうけど、俺はマインドセットって言葉が胡散臭くて嫌いなの。アフィリエイトを始めてからよく聞くようになった言葉なんだけど、初めは何も感…

  • 77 view
error: Content is protected !!