進撃の巨人エンドオブザ ワールドを見てきたぞ|黒歴史の殿堂入り確定

昨日の夜に実写版の「進撃の巨人エンドオブザ ワールド」を見てきたですよ。

前編も見てたので後編も仕方なくというか、前回散々クソだの何だの言ったからにはちゃんと後編も見る必要があると思ったからね。

結論から言うけど、この作品は間違いなく進撃の巨人の黒歴史になるでしょう。

もう内容がメチャクチャ。前作で原作の世界観をメチャクチャにしてるから後編はそれ以上にカオスな展開だ。

前作はエレンが巨人化したトコで終ったんだけど、後編はそこからの続きで壁の穴をふ塞ぎにいくのがメイン。

で、シキシマ隊長の正体とか、エレンの父親とか、キャラ設定がもうグダグダで何とも言えない。

でもね、俳優さん達は何も悪くない。ちゃんとあんなクソみたいなシナリオでも良い作品を作ろうとしているのは伝わる。

何が悪いってこんなシナリオを許可した原作者の諌山創や監督に対して俺は怒りがこみ上げてきた。

本当に原作の面白さを全てぶっ壊してるし、そもそも原作で今から巨人の謎に迫ろうとしてるのに、何で実写する?って感じなのよ。

俺は漫画の進撃の巨人が好きだからこそ言わせてもらうけど、こんなに最低最悪の作品になっちまったのは2015年のワースト映画になってもおかしくない。

原作知らない人はあれで楽しめたかもしれんけど、原作知ってる人からしてみたら「ふざけんなクソ野郎!!」って思っちゃうよ。

超大型巨人の正体はまさかと思ってたけど、予想通りのアイツな。原作キャラが出てないから怪しいとは思ってたけど、まさかここまで酷いとは。

前編で原作をメチャクチャにしてるから、後編はそれ以上に悪夢を見てるかのような展開なんだけど、辻褄合わせを無理やりしてるだけの展開だね(笑)。

鎧の巨人の正体も、まさかアイツだとは思いもよらないけど予想も出来る範囲。あまりにもシナリオ設定が幼稚で低レベルと言わざるを得ない。

この作品に出演した俳優たちの評価が下がらない事を祈りましょう。でも三浦春馬ってあんな演技下手だったっけ?

劇場で他の客を見たら9割が女性だったけど、恐らく三浦春馬の顔ファンでしょう。サッカーで言うミーハーなセレ女と同じかと(笑)。

彼はもっと演技力を身に付ける練習した方がいいと思いますよ。折角恵まれた容姿をしているのだから、演技力が残念だとキムタクみたいになるよ。

とまあ、色んな意味で残念な気持ちがいっぱいの映画鑑賞でした。唯一の救いはポップコーンに塩が効いてて美味かった事くらいです。

うん、見なければちゃんと批評できないから後編もみてきたけど、正直な感想を言います。

自宅で作業してる方が良かった。移動時間を含めた約3時間を損した気分だったな~。

というわけで進撃の巨人の実写は原作ファンなら見てはいけません。カップルでいくと険悪な空気になるかもしれません。

楽しいデートが台無しになる可能性が非常に高いので、他の映画見た方が楽しいですよ。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP
error: Content is protected !!