本厄なので厄払いをしてきた

はい、こんにちは。

今日で8連休が終ってしまう事が非常に悲しくてたまらない俺様です。

もうさ、仕事にいきたくないわけですよ。仕事の拘束時間とか嫌な奴の顔見たくないんだよね。

これが専業だとさ、嫌な仕事はやらなくていいし時間も自分で決める事ができるから心の自由はあるのよ。

とまあ、そう言っていても仕事は明日から始まってしまうので開き直るしかないんだよね。

それよりも今年は俺が厄年の本厄という面倒くさい状態になっているという。

そこで厄払いを早速やってきた。

初詣で厄年という事に気付く

初詣に行った時に掲示板で厄年表をみたら、俺は今年本厄やねーか!と初めて気が付いたわけ。

去年から前厄で全く気にしなかったけど、今年は本厄って事で嫁が厄払いに行けとまくしたてるのよ。

ちなみに厄年は「数え年」で男性が25・42・61歳が対象で、女性の場合は19・33・37・61歳になる1年間の事だね。

この数え年を含む前後3年が前厄・本厄・後厄となって、まあ色んな災難がおきるとされてるのよ。

厄年の3年間と言えば、10年前くらいに細木数子の六星占術の本を読んでたわけ。

そこで「大殺界」という運気が下がる3年間と似てるな~と。まあ、ただそれだけなんだけどさ。

俺は専業辞めた時点で災難だと感じてるんだけど、嫁が家族に災難が降りかかるからと厄払いをもの凄く急かすのよ。

まるで俺がウイルスみたいに家族に災難を撒き散らすみたいな言い方されるから「お前がウイルスじゃ」と心の中で叫んでやったわ。

それにしても初詣でおみくじ引いたら「凶」が出たので、流石は厄年だなと思った。

厄払いしないと嫁が急かして面倒なので、さっさと厄払いをしておこうと思ったんだよ。

近所の神社で厄払い

自宅から歩いて10分くらいで神社があるので、そこで厄払いをする事にした。

と言うのも、子供達を神社の横にある公園で遊ばせるために行った時に、神社で参拝してたわけ。

その時に嫁が神社の事務所に厄払いが出来るか聞いてみたら、今からすぐできるとの事で早速お祓いを受ける事に。

紙に住所や名前を書いて手続きを進め、初穂料(お祓いの代金)は最低5000円からだったので、5000円を支払う。

そんで神主さんが準備を終えて本堂の中で厄払いの祈祷が始まったのよ。

時間にしてみたら10~15分くらいで終ったんだけど、祈祷中は独特の雰囲気を感じたわけ。

俺自身は宗教なんぞ微塵も信じていないんだけど、神様の存在は意外と信じているんだよね。

祈祷中の雰囲気は本当に神様が厄を払ってくれているような気分になって、少し方が軽くなったような気がした。

厄払い後におみくじを引く

こうして厄払いを終え、すっきりした気分で改めて家族で参拝してきた。

参拝後に再びおみくじを引いて初詣の「凶」を無かった事にしようと企んだわけですよ。

厄払いした直後なので、厄が消えて運気の上昇を感じた気になってたので大吉が出そうな予感。

で、実際に引いてみると「中吉」だったわけ。

いやさ、ここは流れ的に「大吉」出しとかないと厄を祓って運気が上昇した気持ちにならないじゃない。

とは言え「凶」から「中吉」なので、ランクアップしたとも言えるけど、できればもう1ランク上げて「大吉」が良かった…。

まあこれで初詣の「凶」は無かった事にできたので、良しとしよう。

こんな感じで厄払いを済ませ、これで気兼ねなく過ごして行けるかなと。

前回の厄年の時(25歳ごろ)は一切お祓い行かなかったからね。

しかも厄年だったのを忘れてて、気にもしてなかったからさ。

さて今日で連休も終わりなので、作業もやれるだけやっておこう。

それにしても連休の終わりって悲しくなるよね。

そんなわけで、今日はこの辺で締めとこう。

おすすめの記事