現在の仕事内容を1日8時間労働に換算すると、過労死認定の2倍を超える数字でしたが…

  1. 俺の話
  2. 11 view

はい、こんばんは。

昨日は子供達にプレゼントを用意してメリークリスマスな俺様ですが。

23日と24日は仕事が久しぶりの2連休でゆっくり休めているんだけど、やはり簡単に疲れが抜けないという。

今の仕事は運送業だけど、10月後半から年末にかけて急に忙しくなるのよ。

以前も話したけど、朝5時半に家を出て帰宅するのが、だいたい21時半とかの生活。

仕事の量が増えて帰りが遅くなるんだけど、あと4日行けばその状態からも解放されるんだけどさ。

で、今の仕事の量を一般的な会社員の労働時間に換算してみると面白い結果になった。

ちなみに俺の仕事は昼休みなんてないから、昼飯食う時間の15分程度の休憩しかない。

1日の労働時間を8時間労働に換算すると…毎日7時間は残業してる計算だね。

もちろん昼休みの1時間なんて存在しないので、それも残業時間に含んでいるわけだが。

そして月の残業に換算すると、月26日働くので7時間×26日で182時間。

時給1000円なら残業代18万2000円ではなく、1.25%上乗せされるので22万7500円。

うむ、残業代だけで22万7500円か…

だが、こんなに働いていると体の疲れが溜まって抜けないわけですよ。

で、過労死の認定って月何時間の残業からか知ってるかな?

実は月80時間以上の残業で過労死は認定されちゃうわけでして…。

で月換算で約180時間の残業に相当する労働を行っている俺は2人分死んでるね(笑)

いや~、自分でもここまで働いているとは思ってなかったよ。

今の仕事で覚えておく事はたくさんあるんで、嫌いでやる仕事ではないしね。

ただ、専業に戻る為には実績出す必要があるわけで、その作業時間の確保が正直厳しい。

で、あまりの忙しさに年末ジャンボの買い忘れや、メルマガ塾の継続申し込み忘れが重なった、と。

今の仕事も何とか来年いっぱいで終わりにして専業に戻らないと、このままズルズルいきそうだしね。

流石に今の仕事をつづけながらアフィリやるよりも、専業に戻って時間の自由を取り戻した生活を送りたい。

今はその力を身に付けるために、やれる事からやっていってはいるのよ。

29日から長期連休に入るので、それまでに計画や準備を進めていこうかと。

それにしても労働時間が長いと、体の疲れも取れないし、作業する気も起きてこない。

兼業から専業に戻るのは結構ハードル高いかもしれんが、それでもやるしかないでしょう。

というわけで今日はこの辺で。

関連記事

アフィリで自由を得てから考えた事

21日~23日の2泊3日で京都を楽しんできたけれど、流石に土日は人の多さで混み具合が凄かったね。色んな場所を巡ったけれど、どこいっても外国人の観光客が多くて、多分…

  • 16 view

金を稼ぐ事は素晴らしい事なのです

夕方に実家の母親から電話があって5月に後半に手術をするのだという。命に係わるとかそんなのではないのだけれど、定年してパートをしながら年金暮らしなので生活は何とかや…

  • 6 view

2016年度スタートしましたけど

先月のアフィリ報酬で遂に確定1000万を超える事が出来ました。はい嘘です。エイプリルフールに乗っかりました。でも数年以内に現実となるでしょう。ちゃんとイメ…

  • 5 view
error: Content is protected !!