ラブホの名前から学ぶサイトタイトルの付け方と指名検索の話

  1. サイト作成
  2. 46 view

はい、こんばんは。

毎日朝5時半に家を出て21時ごろに帰宅し、相変わらず作業時間が限られている俺様です。

えっとね、今日はサイトタイトルってユーザーに覚えてもらえる名前がいいよねって話なんだけど。

覚えやすくインパクトのある名前の見本がラブホテルかな。

仕事中に高速走って西名阪で奈良県に行ったりするのね。

その途中で香芝インター付近にホテル街があって、気になる名前を見つけた。

その名も「おとぼけビーバー」、名前の意味が全く分からんけど、何故か頭の中に残って気になってしまう。

おとぼけビーバーって意味分からんでしょ。名前付けた奴はキチガイかと思ったほどだ。

でも一度見たら覚えてしまい、気になってしまう。

他にも隣町にあるラブホテル「べんきょう部屋」とかあるわけ。

まあ、エロい事を勉強するんだろうなとは簡単に想像できるけど、名前の付け方が上手いよね。

たまにホテル街を見てるとトンチンカンな名前とかあるでしょ?

意味分からんけど、頭に残る。そして実際に検索してみる、と。

恐らくこういったホテル名を付ける人は、狙ってやってるのは間違いないだろうね。

アフィリエイターがやりがちなサイトタイトルの付け方

じゃあ次にアフィリエイターがやりがちなサイトタイトル名ね。

基本的にサイトタイトルって狙ったワードを入れるのは当然なんだけど、似たような名前多くない?

「●●おすすめランキング5選!使ってみた感想や効果は?」

適当に決めてみたけど、こんな感じ。まあ、ありきたりでサイト名を覚える価値もないという。

しかもキーワード詰め込みまくりでグーグルに低品質くださいと言わんばかりのサイト名(笑)

メインワードが●●、複合がおすすめ・ランキング・感想・効果だね。

どれだけ欲張ってるんですか?と。

これは一昔前のよくあるサイトタイトルの付け方だけど、飛ぶサイトがよくやるタイトルの付け方だね。

こんな名前じゃサイトを訪問したユーザーにサイト名を覚えてもらえるわけがない。

だってさ、似たような名前のサイトばかりで特徴も無いと。

こういったサイトにオリジナリティがあるとは俺は感じない。

じゃあどうすれば覚えてもらえるのか?

覚えてもらえるサイトタイトルの付け方

さっきのラブホテルの名前の付け方を思い出してほしい。

「一度見たら覚えやすく、気になるサイト名にしたらいい」って事だね。

そういったサイト名だと、次に見たくなった時にサイト名で指名検索が入るから。

それと、覚えやすいサイト名は短い方がいいかなと。

ちょっと長いと覚えるのが面倒なんだよね。

実は俺のブログ名も変えたいと思ってるわけ。1フレーズで言えるくらい簡単なのにしたい。

誰かアイデアあったら教えて、採用したらうまい棒10本くらい奢るから。

こういうアイデアってのも、実際に色んな物を自分の目で見て語感を養うのがいいよ。

街に出てみて、気になる名前とかあればメモしとけばいいし。

まあ意外とラブホとか風俗店が面白い名前の付け方するんだけどね(笑)

パロディちっくな名前でもいいと思うし、重要なのはユーザーにサイト名を覚えてもらう事。

そしてサイト名で指名検索を取るって事だね。

自分のサイト名で指名検索取れればさ、他のサイトよりも優位になるからね。

これがキーワードを産み出すってやつなわけ。

自分のサイト名が何度も指名検索されるようになれば、自然とサジェストもできてくると。

しかも自分だけのキーワードなので、ライバルに取られる事も無いと。

俺が今やってる大規模サイトタイトルは5文字しかないからね。

じゃあ、今回の内容をまとめよう。

サイトタイトルはユーザーにインパクトを与えて覚えてもらいやすく、尚且つ短くする事。

あと名前だけ良くてサイト内容がクソだったら意味ないので、そこはオリジナル性にこだわってね。

じゃあ、今日はこの辺で。

関連記事

error: Content is protected !!